百超団NEO

美原アキラにハナビの目押しを教えたときの話|百超団NEO#15

ハナビの目押しってどうですか? わりと簡単ですよね? それをあの美原アキラに教えたってんだからアタクシも大したもんだ。はいどうもみなさんおはようございます、副審です。

いまやパチスロ女子ライター・演者の中でもNo.1の立ち回り力を見せていると言っても過言ではないような気がしないでもない美原アキラ。もう最近は全然一緒に打ちに行ってくれませんが、彼女が必勝本に入ってきたばかりの頃はよく連れ打ちしてたんよね。

というか、良いホールに連れてってもらってたのね。ひと言で言えば寄生虫オジサン。うん。全6のある日に一緒に打ちに行って、ガルパンの6捨てたなぁ…(遠い目)。ワシがヤメた後に4000枚出てたなぁ…。あの時はヒヨってヤメてゴメン、アキラ…。

さてそんなどうでもいい懐古話は置いておいて、本題はハナビの目押しのお話。

当時から専業として一線で戦っていたアキラですから、普通に目押しはできたんよね。ただアクロス系はあまり触ったことがないというので、じゃあ教えるから並び打ちすっか…という流れに。

普通の小役狙いを教えつつ、この形になったらリーチ目だわよなどとレクチャーしていく。アキラはパチスロの基本がわかっているうえに飲み込みも早かったので、ちょっとだけ踏み込んだお話をしてみようかなと思ったり。

「左リールの上段にBARビタで狙ってみ?」

「はい、それ目押し失敗〜」

きょとんとするアキラ。左の上段にBARも止まってるし小役も取りこぼしていないのになんで?と。

上級者の方はもう答えがお分かりかと思いますが、ハナビの左リール上段にBARをビタ押ししていると、風鈴はここから揃うんよね。

ちょっとどこのこと言ってるか分かんないっす…という方のためにここでリール配列をどうぞ。

9番のBARを上段にビタ押しすると、風鈴成立時は4コマスベって13番の七が上段に止まるの。つまり左上段BARから風鈴が揃うとビタ押しに失敗してると分かるわけ。

それからしばらくは左上段BARから風鈴が揃って「くっそう〜」と言ったり、スベって上段七から風鈴が揃って「ぃよっしゃ!」と小さくガッツポーズしているアキラを、保護者のような目で見ながら3万ほど負けたワシなのでした。

はい、これで終わりじゃないよっ! 思い出話をしたいだけじゃあない。今までのお話で「キチンと目押ししていたら、左上段BARから風鈴は揃わない」というのは伝わったでしょう。そうすると、この出目ってどうなりま〜すか?

ちょっとカメラの性能が良すぎて紛らわしいけど、中リールは回転中ね。左上段BARからの風鈴・氷のダブルテンパイは「風鈴or氷orボーナス」。でも左のビタがちゃんとできてたら、「氷orボーナス」に昇格するってワケですよ旦那! 風鈴がなくなるだけでちょっとアツくなるっしょ!?

これで風鈴が揃ったら「ふぁ〜、目押し失敗してた〜!」って思っとけばOK(笑)。目押しを失敗してても±2コマくらいの範囲で押せてれば、左リールの時点で小役を取りこぼすことはないのでバンバン狙っていいですぞ。目押しの練習にもなってアツさも凝縮できる、これ最高でしょ!?

こういうのな〜。雑誌時代にやりたかったんだけど誌面ってページ数も1ページあたりのスペースも限られてるからできなかったんよね。雑誌は雑誌で見開きでババンと制御のテーブル表を載せられたり、見やすさ、理解のしやすさっていうメリットはあると思う。

雑誌とウェブのメリットでメリットの話はまた改めてということにして、ハナビの左リールの制御のお話に戻ろうか。

左リール上段にBARビタ押しができていれば、この形で氷orボーナス。ここまでいいよね? さらに突っ込んだシチュエーションにもっていくよ!

BIGが終わってRTに突入。RT中は「チェリー・氷成立時にはフラッシュが発生」って法則があるっしょ? あー、もう分かっちゃたかな!? え? 高菜の話はしてませんけど? あとスベってもいませんけど? はい、分かっちゃったかな!?

くどいようだけどもう一度。このハサミ打ちの時点で「風鈴or氷orボーナス」ね。

さらに…
☆左リール上段BARをビタ押ししてたらここから風鈴は揃わん
☆RT中は氷が成立してたらフラッシュする

つまり、RT中にフラッシュなし+左上段BARビタで小役ダブテンが止まったら、挟んだ時点で「ウヒョ〜、このダブテン、ハズレんじゃん!」ってわかるんだね〜。う〜ん。ためになったねぇ〜♪(突然のもう中学生)

しかも左をビタで押せたかどうかは自分にしか分からないってのがまたいいのよ! 「あ〜、いっそのこと直接REG狙っちゃう?」みたいな。まぁたいがい目押し失敗してて風鈴が揃うんだけどね。

左上段に単独のドンチャン絵柄(配列で言うと19番)を狙っても同じ法則が通じるんだけど、そっちを狙うと1コマ遅く押してしまうと左リールの時点で氷を取りこぼすんよね。だからBARのほうで遊ぶほうが安全よ。

…なんてネタを考えながら、今回ワシはハナビを打ってきた。

2台打って13000円ストレートで入ったところで心が折れたよね。今回はボコ負け。みんなのデータはどうでしょうかね。

う〜ん、ここのところみんなイマイチだなぁ…。今回は特にマンション長井にはシンパシーを感じますな。おそらく彼も「設定1でも機械割100%超えてっから♪」といった軽い気持ちでクラセレに座ったのでしょうが、おそらくBIG1回くらいしか引けずに心が折れたご様子。

ちなみにまー棒が打ってたバーサス。これもベル成立時の左リールの制御は同じなので、ビタ押しの練習をしながらセルフでアツい出目を作れますぞ。

ワシら以外の3人もパッとしないまま終わってしまった感じだし…もうちょっと頑張らないと「百超団」ってタイトルに疑問が出てきてしまいそうなので、みんな頑張ろう!

なんて言いながらも、心の中では「当たらんもんはどうしようもないから気長に打っていこう」なんて思っておるワシなのでした。

そんでは今回はこの辺で。次回は10月20日(水)にシンパシー長井がお届けする予定です。というか、百超団NEOは毎週水曜配信です。よろしくお願い致します〜♪

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.