読み切り

5号機ジャグラーシリーズの設置期限一覧【旧基準機設置延長の概要の切り抜き】

※写真はイメージです。

ホールで圧倒的な存在感と多くのファンを抱えているジャグラーシリーズ。2020年12月末から2021年1月にかけて撤去予定だったアイムジャグラーシリーズの新規則機として導入されたのがSアイムジャグラーEXーTPだ。

SアイムジャグラーEXーTPは約5万台導入され、5号機のジャグラーがまだ多くを占めるなか、かなりの健闘を見せている。

本来であれば6月以降に設置期限が切れるジャグラーの代わりに複数の6号機のジャグラーが市場に投入される予定であった。しかし先日発表された旧基準機の設置延長により、5号機のジャグラーは最長2021年の1月末まで設置が可能となりメーカーも販売スケジュールのリスケを余儀なくされているに違いない。

まだ市場には15万台以上の5号機ジャグラーが稼働しており、これを約半年以上かけて6号機のジャグラーに入れ替えて行く。先に投入されたSアイムジャグラーEXーTPのスペックや市場での評価を見る限りは、6号機オンリーになってもジャグラーシリーズは安泰!と言ったところでしょう。

それではまだ現役で稼働している5号機ジャグラーの設置期限を今一度見て行きましょう。

※設置期限には地域差があるので参考までに

2021年11月まで設置可能

ゴーゴージャグラー2

2021年12月まで設置可能

マイジャグラーⅣ

ゴーゴージャグラー

2022年1月まで設置可能

マイジャグラーⅢ

ファンキージャグラー

スーパーミラクルジャグラー

アイムジャグラーEX‐AE

アイムジャグラーEX‐KA

アイムジャグラーEX‐AnniversaryEdition

6号機ジャグラーのリリーススケジュールは?

5月末からSアイムジャグラーEX‐TPのグリーンパネルの導入が開始される。販売台数は2万台とも4万台とも言われているが中古市場で200万円近い価格が付いているSアイムジャグラーEX‐TPはホールとしても喉から手が出る程欲しい機械だ。

このグリーンパネルの導入以降も年末年始までに数機種のジャグラーが導入されることが予想され、ジャグラー島の6号機シフトは着々と進んでいると言えそうだ。

新しいジャグラーシリーズの登場に胸を膨らませながら今しばらく6号機ジャグラー島の完成を待とうではないか。

TEXT:パチンコ・パチスロ必勝本編集部

(C)KITA DENSHI

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.