コラム

ノリ打ちは違う考え方も大事|ウィーとモージのノリ打ち実戦記~4戦目~

最近、パチスロを打つとすぐに肩が悲鳴を上げるようになってきた編集モージです。終日ノーマルタイプを粘ったあとは特にヤバい。歳ですかねえ…。

さて、今回も編集ウィー君とのノリ打ち実戦の模様をゆる~くお届けしていきます。この日はジャグラーシリーズが強めで、さらに特定末尾の台番がアツいホールでの実戦。

ノリ打ちなのでお互いそれとなく狙いを伝えたりするのですが、何が取れるかは入ってからでないと分かりません。

当たり末尾の全台が高設定というわけではないですが、こういった日は自分の台の挙動だけでなく、周りの台の挙動を見ることで当たりを導き出すことも可能。そういった意味では、朝イチに狙う機種も重要になります。


抽選は100番くらいだったよ。当たり末尾になるのは日付と絡めたものが多いみたいだから、5か7が当たりな気がしてるんだけど。特に5

アリですね。僕は150番でした

SLOTまどか前後編は普段から高設定が使われてるから末尾に関係なく打ちたい台があったんだけど、無難にジャグラーにしとくよ

とても良いと思います

自分のほうが先に入場することになったので、相方の狙いは深く聞かずに入店。目当てのジャグラーのシマへ向かう。


メインのマイジャグは末尾5と7が空いてなくて、ほかも末尾5が埋まってたからスーパーミラクルジャグラーの末尾7にしたよ


オッケーです。とりあえず、Re:ゼロの末尾5は朝イチのカードがNですね

(お、周りの台のチェックしてる)

俺はよくないシマにいるなー。今のところ末尾5の台以外動いてないんだけど…。

僕は末尾5の台が取れなかったので6にします


(ん?なんで6?)
6って、なんの?

楽園追放~。末尾5と7をチェックしながら打ちます

(それ、ただ打ちたかっただけじゃね?)

6かー。無理しないでね

座った機種を聞いた瞬間、少しパニックになりました。周りのお客さんも末尾5と7を狙う人が多いなか、なぜウィー君は末尾6なのか。

ジャグラーならまだしも、実戦したときはまだ新台で、高設定が使われやすいかどうかも不明な楽園追放。一応、月と日付を足すと末尾6も関連性はあるけど…。

~1時間後~

う~ん、末尾7はダメっぽいな。5も微妙


こっちも5と7は微妙ですね。僕の台は銅トロフィーが出たので、とりあえず2以上です


隣を見る限り、末尾6はあるかもなー。あと怪しいのは3


末尾6は悪くないかもですね


北斗宿命の末尾6、打つ? それか当初の狙い台だったSLOTまどか前後編。そっちは末尾3で、末尾6の台は出てるけど


北斗宿命よりは前後編ですかね

~2時間後~

天井ハマリ喰らった…。スイカからのCZ当選率は悪くないけど、ほかは良いとこナシ


けしからんですな


これはもう末尾6が当たりかな。HEY!鏡なら空いてるけど、打ってみる?


いいですよ

~1時間後~

ボーナス2回引いて、どっちもバスだったんだけど…


ヤメですね

でも4以上が確定したよ


あ!それは続行ですね。僕も金トロフィー出ました


頑張ろう

その後に直撃KC!

ベルナビ100回!

…しかし、MAX3連という一般の方には低い壁も僕には越えられず、その後も出てはノマれという展開を繰り返す。

膨れ上がる投資に罪悪感が高まっていく。高設定を打っているのに、なぜこんな辛い思いをしなくてはならないのか…。

~閉店2時間前~

もう無理。ヤメます


また高設定を腐らせちゃいましたか


申し訳ないけど、笑うしかないわ。
多分設定6ではないと思う


僕の台も数値が微妙なので4くらいだと思います。
モージさん投資いくらですか?


鏡で3万ちょい使ったから、56000円


それは笑えねぇっす

実戦結果
〇モージ
投資56000円
獲得枚数約300枚

〇ウィー
投資8000円
獲得枚数約2500枚

収支 -10000円
(1人あたり-5000円)

敗因:モージが腐っていた

読み・思考・ヒキ、僕の全てが腐ってました。それでいて、朝イチの台選びの時点では高設定をツモった相方の狙い方に疑いを持っていましたからね。人として恥ずかしい。ウィー君には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ウィー君、あざっす!

末尾系の特定日にノリ打ちをするなら、狙いがカブらないほうがいいですよね。ウィー君の意外性に感謝します。

今回は相方に救われて軽傷で済みましたが、僕たちがノリ打ちをするとこんな感じでどっちかが好調、どっちかが不調となることが多いんです。前回SLOTまどか前後編の推定高設定台で、僕が勝ってウィー君が負けたみたいに。

それを相性が良いと言えるのか微妙ですが、結果的に負けにくくなっていて勝率も高いんですよ本当に。次回以降もそのあたりに注目してみて下さい。

次は活躍できると番だといいなー。

(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ (C)Sammy
(C)KITA DENSHI
(C)DAITO GIKEN,INC.