百超団NEO 読み物

2022年は設定2を意識|百超団NEO#27

みなさん、あけましておめでとうございます。2022年一発目の百超団NEOを担当しますメシオです。

前回の更新でマンション長井が書いていましたが、年末年始は三重のオールナイトへ行ってきました。今回で6回目となる参戦でしたが、オールナイトらしい実戦になったかなと思います。このオールナイトの実戦模様は1月21日(金)発売のパチスロ必勝本3月号に掲載されますので、そちらも目を通してもらえると幸いです。

さて、ここからは百超団NEOの話をしていきましょう。

去年の9月から始まった当企画ですが、約14万ゲームで約4000枚負けという結果で年を越すことになりました。出玉率は99.1%と、百超機種だけを打っているのにもかかわらず出玉率100%を切ってしまっているので、百超機種とはいえ設定1上等で打ち続けるのは厳しいのでしょうか。

以前、副審さんが設定2以上の投入頻度が高いと思う機種を挙げていましたが、今後は設定も意識して打つほうが良さそうですね。まあ、百超機種の強みは設定1でも機械割が100%を超えることなので、設定1っぽいなと思ったら積極的に台移動するべきなのかなと思います。移動先が設定1でも機械割は100%を超えているし、もしかしたら設定2以上の台に座れるかもしれないですしね。

で、そんなことを考えながら打ったのが今回の実戦になります。

まず初めに打った機種が凪のあすから。打った理由はボーナス出現率が少し良かったから(2000Gで設定4くらいの数値)なのですが…

ボーナスは当たるものの、追加投資が止まらず怪しい展開になってきたので、設定1の可能性が高いなということで台移動をすることに。

2台目に選んだのはクラセレ。こちらは2000GでBIG・REG出現率ともに設定5と6の間の数値だったので、設定2はあるかもと思い打ちました。

投資1000円で当たり、終盤でBIGが連チャンしてくれたおかげで一撃1000枚overと快勝。スイカのズレ目や1枚役が見られ、終始楽しい実戦になりました。最終的にボーナス合算出現率は設定6以上の数値だったので、本当に設定2以上だったのかもしれないですね。

それでは自分以外の結果も見ていきましょう。

2022年は残念ながらマイナスのスタートとなってしまいました。ここ最近マイナスになることが多いので、次回以降も設定2以上を意識して少しでも勝てるようにしていきたいですね。

次回の更新は1月12日(水)で、ノム系の担当です。今年も百超団NEOをよろしくお願いします!

(C)Project-118/凪のあすから製作委員会

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.