百超団NEO 読み物

甘いアイツは予想以上の人気!!|百超団NEO#38

本格的な6号機時代を迎えて、百超機種のレパートリーが不安視されていましたが…それは杞憂でしたね。どうも、今回のコラム担当のノム系です。

さて、冒頭の件ですが、導入から約1ヶ月経ったにも関わらず稼働に衰えを感じさせない「SLOTマッピー」。それもそのはず。最近のホールDATAでは設定1の出玉率が100%を超えており、約12%で2000枚以上のプラスになっているそうです。正直言って、ここまで人気が出るとは予想していなかったし、打ち手の技術介入レベルの高さにもビックリしております。

そんな激甘台にあやかろうと、今回の実戦機種はマッピーと決めてホールに向かったのですが…フル稼働ですぐには打てず。時刻は13時。そのうち空くだろうなと思い、待つことに。はい、18時にようやく空きました。人気ありすぎ!!

肝心の実戦ですが、207Gから打ち始めて…

投資11000円でようやくBIGです。ちょっとハマりましたが、逆転も現実的な範囲でしょう。このあとにも、もう1回BIGを引いたのですが、どちらもATはたいして伸びず。そして3回目のBIGから入ったATで待望のラッキーニャンバーに突入。

このラッキーニャンバー、実は成立役がものすごい大事で、小役(特にレア役)成立時はハズレよりも大量上乗せに繋がりやすく、ボーナスならレア役以上に大量上乗せの期待大。となると、左リールにどこを狙うかが楽しめるわけです。今回は(アバウトに)枠上青7狙いを選択。上段or下段にリプレイが停止すれば小役orボーナス。青7が上段に止まった場合は基本的にハズレですが、スイカやベルの可能性が残っている。そして今回止まったのは…

残念ながらハズレで、上乗せは7+8の15Gでした。1G完結とはいえ、こういった楽しみ方ができるのもマッピーの面白さの1つではないでしょうか。自分に合った狙いどころを探してみてはいかがでしょうか。

ほんとうは上のような出目を出したかったんですけどね(リプレイと思いきやボーナス)。

さて、このATは4回のボーナスを引いて602枚で終了。はい、プラスに転じました。時刻は19時30分。このままヤメるわけないですよね。時間はまだまだあります。ここまでの実戦DATAはこんな感じです。

そして、その後は…。

22時まで粘ってちょいマイナスで終了。中ハマリを3回くらい途中で出玉がノマれる寸前までいきましたが、なんとか耐えてくれました。ちょっと残念な結果でしたが、何も起きずに負けなくて良かったとしておきます。

今週の百超団全員の結果とこれまでのトータル戦績は下記の通り。

相変わらずマイナス…メシウマですね!!(開き直り)。企画開始当初に「大勝ちするぞ!」などと言ってのが恥ずかしいくらいの結果。いつかプラスになってくれれば御の字です。

こんなダメダメなメンツですが、百超団NEOはまだまだ続きます。次回の更新は3月30日(水)で、担当はまー棒です。次回もよろしくお願いします。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©BANDAI NAMCO Sevens Inc. ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.