必勝本動物園

必勝本の変態紳士マウンテン、スロカイザーの珍奇な言動に困惑せよ!【不定期連載:必勝本動物園#8】

サイズがデカ過ぎるオペラ座の怪人ことスロカイザー氏。

見た目のインパクトのみならず、そのキャラクターについても語るべきことは尽きませんが、周囲が「うんOKもう大丈夫だよ」といくら言っても、本人の中から沸き上がったリビドーを噴出させずにはいられない――そんなカルマの深さこそが氏の真骨頂だと言えましょう。

「空気を読む」という言葉がある種の美徳を表していた時代から現代に至るまで……徹底的に「17才」発言を繰り返しては空気をぶっ壊してきたその姿には感動すら覚えます。

かといって意固地になりすぎず、「譲るべきところは譲る」の精神で18才へと歳を引き上げた柔軟性は賞賛に値します。

ちなみに今回の漫画の掲載許可を本人にとったのですが、会話が終わるタイミングでカイザーがボソッと「ほんとはまだ17才だけど」って言いましたけど、怖かったので聞こえないフリしました。

Text By四帖半

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.