百超団NEO

アツい特定日に百超機種|百超団NEO#14

新ハナビのフラッシュはキャンセルができるよ。どーも皆さんこんにちは、必勝本編集のまー棒です。

これ知ってました?
ハナビとかバーサスのフラッシュはキャンセルができないんですけど、新ハナビはできるんですよね。

たとえば3消灯した時、フラッシュが打ちあがるまでの一瞬の間にコインを入れたりMAX BETを押せばキャンセルできて、不発なのか何かのフラッシュが発生するのかを曖昧にできるんですよね。

ただ…せっかくのフラッシュですよ。キャンセルしなくてもいいんじゃないかって思うんですよ。
まぁ見たくない人はキャンセルすればいいし、見たい人はそのまま見ればいいってことなんですかね。両者を満たすって意味で採用されたのかもしれませんね。
ちなみに僕はキャンセルしないで見る派です。

さて、今回の百超団NEO。僕は某ホールのアツい特定日に実戦をしてきました。

ただでさえ勝ちやすい百超機種なのに特定日に実戦するわけですから、少なくともホールに向かう時点では期待値がさらにあがるハズ。期待値のことなんてよく分からないけど、そういうことになるらしいです。

で、実戦当日。

バッチリ寝坊しまして、13時くらいにホールに到着しました。いや、僕も朝から行きたかったですよ? でも寝坊しちゃったのはもう仕方ないですから。

終わったことを悔やんでいても仕方ないですからね。この時点から頑張るだけです。…そう思うしかないんです。

実戦日はどうやら特定の台番末尾がチャンスとなるようでして、13時時点のホール内を見まわしてみたら、すぐにとある数字が見えてきました。

そして、その数字にあてはまるハナビが空いていまして…。そのハナビの履歴は645G消化でBIG1回、REG1回、スランプグラフはこんな感じでした。

全く良いところはありませんでしたが、まぁこの時点ではまだ分かりませんよね。645Gしか消化していないわけですし。

ということで打ってみたのですが、こんなデータになりました。

う~ん、やばいですね。もう投資が19000円ですって。

しっかり風鈴回数も数えてみたのですが、733G消化で41回(1/17.9)でした。設定1~6で風鈴確率は1/15.7~1/14.7ですから、この台は設定1なのかな?

まぁまぁこんなこともあるでしょう。そもそもこの日は特定日ですからね。特定末尾の台番だとしても645G回されて空き台になっていたってことは、すでに誰かが見切りをつけた可能性が高いのですよ。

パチスロでしっかり勝っている人はその時点で打たないんですって。後日、上手い人に話した時にそう言われました。

でも、そんなことは頭では分かっているんですよ。もしかしたらって思って打ってしまうだけなんです。

まだこいつには可能性があるんじゃないかって。

まだこいつは頑張れるんじゃないかって。

すぐに見捨てるのではなく、頑張れハナビ!って思える自分も嫌いじゃなかったりします。

でもある程度の負けを喰らわされたらそんな気持ちも消え去るんですけどね。ハナビでがっつり負けたわけですが、このまま終わるわけにはいきませんでした。

せっかく特定日のホールにきているんですからね(この考えが一番マズいことも承知です)。なにより負けたままは帰りたくない。絶対に勝ちたいので(この考えもよろしくないですな)。

次に打ったのは、これまた特定末尾の新ハナビでした。

打ち始めの時のデータはこうでしたが、どうでしょうか。これは悪くないですよね?

ボーナス合算は設定5と6の間ですし、REGが先行していますがBIGよりもREGの設定差のほうが大きいですから、いけるんじゃないかと。

唯一、気になったのはなぜ空いていたのかってことですね。

僕もそれほどアホではございませんから、先述したハナビと同じように何かが悪かったから空いていたのかも?…って考えはありましたよ。

でも、この時の僕はボーナス…とくにBIGに飢えていましてね。ハナビでBIGを引けなかったこともあり、まぁいっか!! 百超機種だし!!ってことですべての思考を放棄してすぐに打ち始めました。

で、結果はこう。

どうですか。2回のREGはしっかり最大枚数の112枚を獲得できましたよ。

ちなみに、新ハナビの風鈴、RT中のハズレ、BIG中の斜め風鈴確率はこうなんですが…。

風鈴出現率は設定1よりもはるかに悪く(設定1でも1/7.7なのに1/10.5ですって)、RT中のハズレもダメダメ。BIG中の斜め風鈴は偶数設定寄りでしたから、設定2だったのでしょうか…。

まぁがっつり負けちゃったので、設定がどうだったかなんてどうでもいいです。ちゃんと朝から打ちに行けば良かったです。

2台…しかも百超機種しか打っていないのに25000円も負けたことが悔しかったので、一発逆転を狙っていろいろ打ち散らかしたらトータルで5万円も負けちゃいました。

せっかく特定日のホールに行ったのに…やんなっちゃうね!!

という感じで僕は惨敗も惨敗、人に見せることが憚らせるほどの結果でしたが、百超団NEOのみんなの結果はどうだったのかを見てみましょうか。

なんでしょうか、これは。

副審さんはマイナス100枚にとどまっていますが、百超団NEO始まって以来の全敗になってしまいました。みんな下手くそですね~。もちろん自分も含めて。

とは言え、いくら百超機種と言えどこんなことだってあるでしょう。一時の結果にこだわっていてはダメなのです。トータルで勝つことができればいいんです。この百超団NEOとはそういう企画なのです!!

ってことは分かっていてもやっぱり打つからには絶対に勝ちたいので、受け入れがたいですし、やり切れない思いを抱えております。

コラムを書いている今でもあのハナビと新ハナビは許せない。いつかタコ出ししてやろうと思います。

それでは今回はこれにてお別れです。

次回の更新は10/13(水)で、担当は副審さんになります。次回も百超団NEOをよろしくお願いいたします!

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.