読み切り

ホスト界のレジェンド・ロー●ンド様が今のパチンコ・パチスロ業界に警鐘を鳴らした…ら?

ホスト界のレジェンド、ロー●ンド様。

歌舞伎町で数々の最年少記録を更新しホスト、実業家、ファッションモデル、YouTuberと様々な顔を持つ。氏の名前を最も有名にしたのはSNSで発信された名言であろう。

「俺か、俺以外か。」は自身の著書のタイトルとしても使われ、氏を代表するフレーズとなった。

そんなロー●ンド様が混迷するパチスロ・パチンコ業の現状をお得意の名言風に警鐘を鳴らすとしたら…!?

パチスロ編

「スロットには2つの設定しかない。6か、6以外か」

6号機のAT機の特徴の一つとして挙げられるのが設定6とそれ以外の設定の挙動が明らかに異なる点。設定6が分かりやすいのはユーザーとってはありがたいことだが、店側としては他の台が動かなくなると言う悩みも。低設定が動いてこその設定6。

「俺の隣が設定6」

並びや全台系などホールがこっそりと行っているあれ。派手に出玉を魅せるのも良いが平常営業にも力を入れて常連客に遊ばせることも大事だというアンチテーゼ的な名言。

「ジャグラーしか勝たん」

ロー●ンド様クラスになると流行語も積極的に取り入れて行くスタイル。5号機時代の黎明期を救ったジャグラーが6号機でも救世主となるのか?!

パチンコ編

「90%?つまり100%だよね」

高継続のインフレに警鐘を鳴らす一言。連チャン性の高い台を打つ際には引き際も大事であることをユーザーに啓蒙する一言。

「天井行くために打つ奴なんかいない」

実質の天井とも言える遊タイム。現時点では賛否両論がある遊タイムだが、今後はゲーム性の一環として取り入れた機械も出て来ることだろう。

「ダンバインしか勝たん」

爆速マシンの元祖。来年の1月末には撤去されてしまうので後継機が待望されている一台。

TEXT:パチンコ・パチスロ必勝本編集部

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会 (C)DAITO GIKEN,INC.

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.