辻家の人々

【連載小説「辻家の人々」】005 運動会・前編/辻ヤスシ

※この記事は許可を得て「アジト(note版マンガ雑誌)・辻家の人々005」より転載しております
※転載元はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1991年、9月の日曜日。

この日に降った雨は、小学2年生だった自分を人間として大きく成長させてくれたと思う。

プロ野球のシーズン中は火曜日から日曜日までの6日間で試合が行われ、基本的に月曜が休みとなっている。そのため、父親参観日や運動会など、土・日・祝日に行われる学校行事に父親が来ることはなかった。

母親からは小学校に入学する際にその旨を伝えられていたため、寂しい気持ちはあったものの理解はしていた。

ところが、この年の運動会当日は大雨が降り、開催は翌日の月曜日に順延。

父親の地方遠征もなかったため、運動会に来てもらえることになった。当然、自分は心から喜んだ。

プロ野球選手の父親と運動が大好きだった母親の間に生まれた運動系サラブレッドだった自分だが、実際のところ特別に秀でた運動能力はなかった。短距離走もクラスで下から数えた方が早いレベルだ。

それでも、父親が観に来てくれていることで、昨年以上に一生懸命取り組んだ。
結果は振るわなかったが、これほど思い出に残っている運動会は後にも先にもない。

運動会後のホームルームを終え、自分は外で待っていた両親のところへ急いで向かった。

下駄箱で靴を履き替え、扉を開ける。すると信じられない光景が目に飛び込んできた。

校庭には人、人、人。

その先頭には、小学生からサイン攻めにあう父親の姿があった。

この頃には、父親がプロ野球選手と言うのは知っていた。特殊な職業ということも理解していた。

ただ、地元の子供にとってのヒーローだったことは知らなかった。地元球団というのも大きかったのだろう。自分の父親がこれだけの人に人気があること、驚くと同時に誇らしかった。鼻が高かった。

そして、自分はこのサイン会をきっかけに…文字通り、天狗になってしまった。

© 2021 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD./Scholar Magazine .,LTD.